このホームページはアースデイとやま実行委員会の協力の下、独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて作成しています。

ABOUT US

身の周りの不安や課題は、未来からのメッセージです。

 豪雨や熱暑など、気候変動が激しくなっていますね。

 地球温暖化への対応は待ったなしです。貧困や難民、経済や福祉の問題も、国や地域を問わず世界中で取り組むことが求められています。

 

 今や、一人の問題は地域の課題、世界の課題と言っても過言ではありません。

 環境をはじめとする社会の課題に、個人、NGO・ NPO、企業、学校、自治体、政府、国際機関など多様な団体や市民が協力し合うことで、持続可能な未 来社会の実現をめざそうと、2018 年5月「環境市民プラットフォームとやま(略称:PECとやま)」は 設立しました。

ともに、かかげませんか、17色の旗(フラッグ)を。

 折しも 2015 年 9 月、国連では世界が抱える問題を解決し、持続可能な社会をつくるために「持続可能な開発 目標(SDGs)」が採択され、17 の目標と 169 のターゲッ トの達成に向け、全世界で取り組むこととなりました 。

 

 まさに、PECとやまの活動目標と、意を 同じくするものです。
 
PECとやまのロゴマークは、この SDGs の 17 目標にちなみ、 16 の目標(ゴール)を表す旗(フラッグ)とそれらをパー トナーシップでつなぐ 17 番目の旗(フラッグ)でまとめあげています。どのゴールも、入口は違っても持続可能な社会に向かって分野横断的ににつながりあって います。

 PECとやまは、そのつながりを促進する 17 番 目の役割を担っていきたいと考えています。富山という地域に根ざした活動と、地域を超えて世界 に発信する未来社会への戦略を、

このプラットフォーム から一緒に生み出していきませんか。

設立趣旨書

定款